会計事務所に頼むことで株式設立の代わりを頼むことができ便利ですが、どこの会計事務所に頼んでも同じではないです。どこに問い合わせるかは重要なので、法人設立を決めたら会計事務所をこだわって決定しましょう。この記事では会計事務所を選ぶポイントを話します。

電卓ポイントとして挙げられるのが適正価格かのチェックです。株式会社の設立の代行は会計事務所に相談した方がお得ですが、会計事務所によって発生する料金は異なります。適当に選ぶと費用面の負担が増える可能性もあり後々後悔するので、適正価格かをチェックしてから依頼するかを考えましょう。

その他のポイントは代行以外のサポートも充実してるかチェックしましょう。例えば設立後の資金を調達する方法の相談から税務のことまで代行以外にも協力が可能な会計事務所かです。特に経営に関していろいろと知りたい場合にはどんなサポートが受けられるかを見るといいです。

会計事務所への相談はどこに頼むかが重要なので、失敗せずに株式設立をしたい人は特にこだわって選ぶ人が多いです。会計事務所に所属する税理士によっても経験や実績に大きな差があるため、実績を考慮して選択する人もいます。会社設立にはただでさえお金がかかる作業です。こうした費用やサポート体制を参考にして適切な会計事務所の選択することが大事です。

参考|税サポ
会社設立に関わる費用について説明している会計事務所のブログです。

 

ビルこれから株式会社を設立するためにはさまざまな手順があり、一つひとつこなすのが基本です。その中でもはじめにやることは社名の決定です。全ての企業に会社名はあり、株式設立の前には確定出来なければ株式設立が不可なので、これから会社を設立するのなら予め用意しましょう。しかし、決める時には決まり事も存在しているので、ここでは社名決定で守るルールを話します。

例えば会社名として登録できないものを頭に入れましょう。例えば事業が銀行業でもないのに、社名に銀行が入ると見た人の誤解を招くので、使用は禁止です。また、有名企業の社名をそのまま使うのも誤解を招くので使用が禁止です。全ての名前の登録が可能ではないので注意が必要です。

また、社名の中には株式会社の文字を入れることです。基本的に自分が決めた社名だけの登録は不可です。どこかに株式会社を入れなければ登録できないので、例えば社名の前後に含めるなど必ず株式会社の文字を入れましょう。更に、社名に使用できる文字には決まりがあります。例えば、ローマ字や平仮名、漢字の使用は可能です。昔に比べて使用できるものも増えています。この他にも決まりごとはいくつかあるので頭に入れて決定する際には注意しましょう。

会計事務所の仕事内容の一部には株式会社を設立するための代行サービスを行っており、株式会社を設立するための手続きを依頼主の代わりに代行します。中には依頼をせず自ら手続きを行う人も存在します。しかし手続きは会計事務所を活用した方がメリットを得られることも多いです。この記事では代行を頼む魅力を紹介します。

書類魅力の一つは書類作成の手間が省けます。会社設立を行う際にはさまざまな書類に記入し、作成をします。枚数も多く面倒ですが、会計事務所に依頼をすれば、書類作成の代行もするので、面倒な手間は省けます。できる限りスムーズに行うためにも知識のある会計事務所を活用した方が便利なので、これまでに法人の設立が未経験の人は活用を考えるといいです。

その他の魅力は経営に関する相談もできます。例えばこれから経営をするにあたって融資はどのように行うべきかの相談や、節税などさまざまな話しを会計事務所は聞いてくれます。株式会社の設立の代行サービス以外にもサポート面が充実しているので、経営で失敗しないためにも会計事務所に話を聞いてもらう人は多いです。相談をすることで会社設立のスムーズ化や経営に役立てられる知識の習得も期待することができます。

日本地図世の中には会社設立をして仕事を行う人と、個人事業主で仕事を行う人が存在しますが、独立には2つの中でどちらの選択が良いのでしょうか。会社設立、個人事業主共にメリットはたくさんあげられますが、その中でも会社設立の方が魅力的な部分もあります。具体的にどんなメリットがあるのか、興味のある人のために理由を話します。

まず1つ目は融資や資金調達の幅を広げられるメリットがあげられます。例えば金融機関へ個人事業主が融資を受けたい場合、条件が厳しいので審査をし、万が一審査に通過できても保証人がいるなど簡単に融資を受けることができません。しかし、法人なら融資の審査条件に満たせられる可能性が高く、審査も個人事業主に比べるとそれほど難しくないです。

また、2つめは取引先の幅が広げられるのもメリットです。取引先が法人と契約する理由は、信頼度の高さです。会社設立を行うと企業の情報を自分たち以外にも閲覧できる状況になります。どんな会社か見てわかるので、契約するか判断しやすくなります。取引の幅も広げられるのは魅力的です。

このページでは会社を設立すべき理由を話しましたが、れから会社設立をするべきか迷う人はメリットなどを比較しながら選択すると決断もしやすいでしょう。これから説明する内容では会社を設立する手続きで会計事務所に頼む人のために頭に入れておくと便利な豆知識を話すので依頼を考えている人は参考にするといいでしょう。